FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Slava Fan on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michel Corboz "Fauré Requiem"

Posted by Slava Fan on 11.2013 Classical Music Concert Review   0 comments   0 trackback
コルボ


LA FOLLE JOURNEE au JAPON
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

"聖なるパリ"
2013年5月5日(日)
@東京国際フォーラム ホールA(ボードレール)

デュリュフレ:グレゴリオ聖歌による4つのモテットop.10
フォーレ:レクイエムop.48(1893年版)

シルヴィ・ヴェルメイユ:ソプラノ
ジャン=リュック・ウォーブル:バリトン
ローザンヌ声楽アンサンブル
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ミシェル・コルボ:指揮

ミシェル・コルボ&ローザンヌ声楽アンサンブルによる宗教音楽を
生で一度は聴いておきたいと思っていました。
何度も来日しているようですが、私にはその機会がなく、
今回、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでは2日演奏があり、
小ホールでのチケットはすでに完売して5000人収容の大ホールで聴きました。

演奏会を梯子するのが醍醐味のこのイベントですが、
私はこの日、たった45分の公演だけの為に出かけて行きました。

始めにア・カペラでデュリュフレの聖歌。
人の声のそれは美しい響き…
大ホールで拡散しがちであっても、一番奥の席で聴いた私まで
その美しさは届いてまいりました。

そしてフォーレのレクイエム…
この曲を自分の葬儀の時に流してほしいという方も多く、
実際にそのような葬儀に行ったこともあります。

聴き慣れたこの曲。
私は全神経を集中させて聴き入り、
それは美しく聖なるひと時であり、
目をつむると走馬灯のよにう、何故か祈りたい方々の顔が浮かび、
神聖なる気持ちと至福の時を味わいました…

この45分間で私は昇天したかのようになり(笑)、
余韻を抱きながら帰路につきました…

素晴らしい…のひと言に尽きます。
他に言葉が浮かびません。

これぞCDとは違った生演奏の極みを味わいました…


Slavaのコンサートでも常に切望していますが、
教会の礼拝堂でコルボのフォーレも聴きたいものです。






スポンサーサイト

Since 20111021 Visitors

Calendar

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

Slava Fan

Author:Slava Fan
*1995年CD「アヴェ・マリア」発売、初来日コンサートから現在にに至るまで、SLAVA(Slava Kagan-Paley)の大ファン。

*クラシックコンサートへよく行きます。

*Celloの音色が大好きです。

*Slava Fan Pageへのメールは
mimosa-slava-fan*hotmail.co.jp
の、*印を@マークに変えてお寄せください
皆様のお声、お待ちしております☆

Latest Track Back

View all Articles Links

SLAVA Fan Page

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。